いいかげんに不倫の恋から目を覚まして

僕には、好意を寄せている女性がいます。彼女は職場の先輩で僕より2歳年上の26歳です。
ある夜、彼女をお酒に誘った僕は思い切って気持ちを伝え「付き合ってほしい」と告白しました。そこで、彼女から「課長と不倫をしています。週に2~3回は私の部屋でいっしょに過ごしている。体の関係もあります。あなたには、不倫で汚れた私は似合わないですよ」と聞きました。

それでも僕は彼女をあきらめきれず、一日も早く彼女の不倫が終わることを祈りながら見守ることにしました。そんなある日、彼女から「彼の子どもを妊娠した。彼も奥さんと別れて私と結婚してくれるって言っているから、もう私のことは忘れてね」と言われました。

本当に大ショックでした。ところが、課長の奥さんは離婚に合意せず、課長の懇願もあって彼女は中絶をしてしまいました。
僕は「もう、不倫はやめてほしい。先輩の心身が傷つくだけじゃないですか!」と何度も言いましたが、彼女は「私は、課長が好きだし、彼を信じている」と聞いてくれませんでした。

そんなことがあってから約半年後のことです。裁判所から長の奥さんが調停を起こしたので出廷して下さいと彼女のもとに手紙が届きました。内容は、慰謝料300万円を払って下さいというものだったそうです。

「私は、どうしたらいい?」半泣きの彼女に聞かれ、僕は知り合いの知り合いに相談して弁護士を紹介してもらいました。その結果、彼女は100万円を慰謝料として課長の奥さんへ支払うことになり、以後の連絡は一切禁止となりました。

「先輩、もう本当に目を覚ましてよ!心も体も傷ついて、さらにお金も取られたんですよ。僕は先輩が目を覚まして不倫を辞めてくれるまで、毎日でも電話しますからね」と言いました。僕は、先輩が僕に振り向いてくれるまでずっと待つつもりでいます。

夫の浮気は許さない!動かぬ証拠をつかむ方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA