がんを乗り越えた人

癌は、不思議な病気です。AさんとBさんは、偶然にも同じ時期に胃がんになって総合病院へ入院しました。
Aさんは、スキル性の胃がんで早期発見ではありませんでした。一方、Bさんは胃がんの進行が粘膜下層までで留まっている早期発見の胃がんでした。
主治医は、Aさんに対しては胃の全摘出手術になることを伝え、Bさんには胃の2/3を切除する手術になることを伝えました。

さらに主治医は、Aさんの家族には「予後は楽観できない」と言い、Bさんの家族には「早期で良かったです」と話しかけました。

手術は、Aさんの数日後にBさんの手術が行われました。予定どおり、Aさんは胃のすべてを摘出され、Bさんは2/3が切除されました。主治医は、Aさんの今後を心配していました。ところが、難治性が高く、決して初期胃がんではなかったAさんの方が回復が早かったのです。

「Aさんには、手術後に容態が落ち着けば、抗がん剤を使う予定だったのに、回復がめざましくて使いませんでした」と驚きを隠しませんでした。一方で、Bさんは手術が体に負担をかけたのか、なかなか体力が回復しなかったのです。

実は、Aさんは、がん告知後からフコイダンを飲んでいたのです。とくに手術前の2週間からは、多めに飲んでいたそうです。すると、飲み始めてから5日~6日後に真っ黒で気味の悪い便がどっさりと出て、「これで体の悪いものは全部外へ出た」と思ったそうです。

AさんもBさんも、5年を過ぎた今ではふつうの生活をしています。
Aさんは「胃がないので、人よりも食べられません。かなり痩せてしまいましたが、元気はありますよ。癌と告知されたあの時に、フコイダンを飲んだのが良かったんだと思っています」と語ってくれました。

p53誘導体フコイダンエキスを激安で入手する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA