借金に助けられたことも多かった人生

私の場合、職業がフリーランスなので、収入が大きく落ち込んでしまった時が何度かありました。そんな時に助けられたのが金融機関からの借金です。

具体的にどこでお金を借りていたのかといえば、銀行のカードローンとクレジットカードのキャッシングです。
主にお金を借りていたのは銀行のカードローンの方です。なぜ銀行なのかといえば、クレジットカードのキャッシングの場合、総量規制というものがあって、一社で50万円か複数社で100万円以上の枠を作ると、収入証明を提出しないといけなくなります。

私の場合、そういうことが煩わしい、と感じたので、借金の枠はなるべく銀行で作るようにしていました。
一時期は数百万円ほど借りていたこともありますが、返済額をリボ払いで調整できるので、苦しい時は最低額の支払いのみにして、収入が戻ってきた時にどんどん返済していく、というやり方でどうにか凌いできました。

銀行のカードローンもクレジットカードのキャッシングも、引き落としの期日以外に、自分の好きな時に好きな額だけATMから返済できたので、精神的にもそれほどプレッシャーはかかりませんでした。

世間では借金は悪という考えを持つ人が結構いて、特に日本人はそういう傾向が強いみたいですが、私の場合、いざという時のセーフティーネットとして、借金の枠は経済的に余裕があっても、ある程度確保しておくことが自分の身を守ることになる、と実体験から痛切に感じています。
要は、身を助ける借金と身を破滅に追い込む借金のちがいだと思います。

消費者金融の借金を時効にするには