養育費の公正証書を取った友だち

友だちは、4歳になったばかりの女の子を連れて離婚すると言い出しました。どうやら、ご主人の浮気が原因だそうです。子どもの将来のためにも、絶対に養育費払ってもらうと意気込んでいた彼女は、市が主催した無料の弁護士相談に行きました。

旦那の不倫の事実もつかんでいるし、絶対に自分の不利にならないようにしたいと、弁護士さんに相談したところ、公正証書を残しておくことが、最も重要だと教えられました。

すぐに友だちは公正証書を書き、離婚手続きを取りました。やはり公正証書が効いているためか、元夫はちゃんと養育費を払っていてくれているようです。娘さんも今度、なんと私立の中学校へ通うそうです。

というのも、娘さんへ意地悪をする子がいるらしく、その子とは、違う中学校に行きたいと本人が希望したそうです。元夫との公正証書にちゃんと子どもの希望した進路に進めるように、努力するとも書いていたのが効いているのか、元夫はちゃんと養育費を上乗せして、支払ってくれているそうです。

元夫が養育費を払ってくれるお陰で、友だちはシングルマザーでありながら、安心して子育てができていると言っていました。娘さんの前では、絶対に元夫の悪口は言わないようにしているそうです。
そして、毎月養育費が振り込まれると娘さんにお礼の電話を入れさせるそうです。娘さんにとっては、世界にたった一人の大好きなパパだし、それはこれからも変わらない。

「私と元夫は、うまくいかなかったけれど、娘をお金という形でしっかり育ててくれた元旦那に感謝している」と言っていました。

養育費無料相談できる弁護士