pochi のすべての投稿

肝機能検査は定期的に

たとえば勤務先の健康診断で肝機能の数値が悪かった場合には、できるだけ早く専門医を訪ねて精密検査をしてもらうようにしてください。

検査の流れですが、医療機関によって多少は異なると思いますが、ざっくり言うと医師の問診や視診、触診から始まるのが一般的のようです。

以降は血液検査、尿検査、超音波(エコー)検査、そして必要に応じてCTやMRIなどの画像検査が行われます。
また、場合によっては血管造影検査が行われ、診断となります。

血液検査は肝臓の機能の状態を調べるのに有効とされ、ASTやALT、γ-GTPなどの検査項目を組み合わせることで、肝炎や肝臓がんなどの肝臓で起きている異常を調べることができます。

沈黙の臓器と呼ばれ、進行するまではほとんど自覚症状がない肝臓病ですが、少なくとも年に一度はかかりつけ医による血液検査を受け、数値に異常があれば総合病院や専門医の紹介を受けてください。

また、血液検査を受診する前でも、身体の倦怠感や微熱、食欲不振や吐き気などが続く場合には、念のために設備の整った医療機関を訪ねることが大切です。

かつては不治の病と恐れられた肝臓がんも、医療の進歩によって早期であれば完治が可能になったり、5年以上の生存も普通になっています。

「仕事が忙しい」とか「自分は大丈夫だから」と言わず、少しでも異常を感じたら早めに検査を受けましょう。

B型肝炎給付金に強い弁護士はこちらです!

離婚を急いでしまったけど、やっぱり慰謝料が欲しい

結婚して5年になるA子さんと夫のB男さん。子どもに恵まれないこともあって、仲良し夫婦として知られていたのですが、B男さんが会社の部下と不倫関係になってしまったのです。

B男さんは家に帰らなくなって、不倫相手のC子さんのアパートで同棲を始めてしまい、妻のA子さんは激怒して「B男の顔なんて見たくもない!即刻離婚してやる!」と宣言し、慰謝料や財産分与など何も決めずに離婚へ突っ走ってしまいました。

A子さんは実家へ戻り、肩身の狭い思いをしながら近所のスーパーでパート働きをしていますが、今になって「慰謝料と財産分与を要求したい!」と言うようになってきました。

果たして、離婚して約1年が過ぎたA子さんに慰謝料と財産分与の請求は認められるのでしょうか…?

ずばり、請求は認められます。
離婚成立後1年というA子さんですが、慰謝料請求の時効は3年、財産分与に関しては離婚後2年を過ぎると、妻は夫に対して要求できなくなってしまいます。

「不貞を働いた夫が嫌になったから…」と離婚を急ぎたい気持ちは分かりますが、後先考えずに離婚してしまうと、もらえるべき慰謝料や財産分与まで受け取ることができなくなってしまうので注意が必要です。

離婚の際には、財産分与や養育費を決めたら、強制執行認諾約付きの公正証書にしておくことで、万一の際には新たに裁判手続きを起こさずに夫の給与や預貯金などの財産を差押えすることができます。
養育費取立てのための弁護士費用は

ファンキー加藤W不倫から1年が過ぎ「養育費を払いたくない」と…

昨年6月、お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣さんの元妻・A子さんと加藤の“W不倫”が発覚したファンキー加藤さん。

もともと柴田英嗣さんとは友人同士だったということですが、自分の友だちの奥さんと不倫をして妊娠させてしまい、挙げ句には柴田英嗣さんと元妻のA子さんを離婚させてしまいました。
続きを読む ファンキー加藤W不倫から1年が過ぎ「養育費を払いたくない」と…

出会い

出会いを求めている人は結構いると思います。

昔だったらなかなか出会いを求めても出会う機会というのはなかったのですが、インターネットが普及してきた今では出会いはそれほど難しいものではないようになってきたかもしれません。出会いを求めている人はどうやって出会いの機会を見つけるのでしょうか。やはりマッチングサイトに登録をしたり、出会いのチャンスを見つけるためのパーティーに参加するという人も中にはいるかもしれませんね。
続きを読む 出会い